ようやんにっき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一人で一本は。。。
20070701154407
昔はピアノとバイオリンを一生懸命練習してたようやんですが、やっぱり何度聞いても涙してしまうアーティストがいます。

フジコ ヘミング。

今日たまたまテレビみてたら特集やってました。
ショパンは私もピアノで弾いたことあるよ。
だけど違うの。
ショパンを聴いて涙したのはフジコヘミングさんの演奏だけ。
中村紘子さんのCDも持ってるけど涙することは無かったなぁ。
胸の奥にあるものがフジコさんのピアノにつき動かされる、そんな感じ。
無意識に涙がこぼれる。
ほんと、そんな感じ。

昨日、焼肉食べに行ってたけど一人でワイン一本飲みました。
肉と赤いワインが合うので。

でも辛いことがあって少し苦しくなることがあって昨日はワインに頼ったわけです。

さっきフジコさんの演奏聴いて後悔した。

お酒で忘れられるのはほんの一時。
お酒では消えないもんね。ヨウコには音楽がある。

忘れてました。

ツラいときこそ歌をうたおう。

苦しいときこそ詞をかこう。

分かってたけどわからなかった。

フジコさんのピアノを聴いて少しどうしたらいいのかわかった気がする。

ヨウコは音楽をやらなきゃなぁって。

やります。

やりたい、うたいたい。

曲つくろう。

はやくライブをやれるようになってまたグッピーとして仲間を増やしていける音楽をつくっていきたい。そう思いました。

熱くなりすぎかなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
☆☆☆
2007/07/03(火) 22:58:08 | URL | 新田 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フジコ・ヘミングフジコ・ヘミング(本名 Ingrid Fuzjko Von Georgii-Hemming :イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング、1932年12月5日 - )は、ピアニストである。ロシア系スウェーデン人の画家・建築家のジョスタ・ジョルジ・へミングと、
2007/07/03(火) 09:35:38 | くるみの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。